Q:骨粗鬆症とは?

骨粗鬆症とは骨の中がスカスカになってしまった状態です。少しつまずいて転んだ時や、ひどい場合には重い物をもったり、体をねじっただけでも骨折をしてしまいます。

例え、骨粗鬆症になったとしても症状もないし、それほど怖い病気ではないですよね?

 骨粗鬆症の怖いところは骨折の原因となることです。代表的なものは脊椎圧迫骨折と大腿骨頸部骨折です。背骨の骨折は非常に多く、腰が曲がったり、腰痛を引き起こします。

大腿骨頸部骨折を起こすと多くは手術と長期入院が必要です。大腿骨頸部骨折は寝たきりの原因の中で脳卒中に次いでの第二位です。どちらの場合でも一度寝たきりになると足腰の筋力が弱り、骨折が治った後も歩けなくなるほど、介護が必要な状態になってしまう事もあります。