Q:年をとると骨が弱くなったり腰が曲がるのは仕方ないのでは?

年齢が進めば骨密度が低下することは事実です。特に女性の場合、閉経後数年で骨密度は急低下し、約10年で平均の20%を失います。したがって閉経を迎えたら一度骨密度検査をすることを強くお勧めします。

閉経を迎えてすぐであれば骨粗鬆症になる前、または軽症であることが多く、ほとんどの場合十分に対処が可能です。

理想的には閉経前に一度検査をし、ご自身の骨密度を知っておくことで閉経後の骨密度現象に対処する計画が立てやすくなります。