リハビリテーションとは…

語源的にはre(再び、戻す)、Habilis(適した、ふさわしい)、ation(にすること)から成り立っています。
人間が疾患、社会的につまづき、生きがいの喪失などの理由で、その人にとって望ましくない状態へと陥った場合、それを再び望ましい状態へと立ち戻らせることであり、リハビリテーションという言葉の本来の意味は「権利、資格、名誉の回復」です。
今日の医療では失われた機能の回復ばかりでなく、「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」といった人間的な復権も意味します。

リハビリテーションについて  (リハビリテーション医師:川嶋順蔵)
いろいろな先端治療を行っても治らない病気がたくさんあることは、ご存じかと思います。
病気が治らない時、そして障害が残る時、従来は「医学の限界」とされる傾向にありました。
今や、障害に対するリハビリテーション治療を行うことによって被むる障害をより少なく、患者さんの
QOL(生活の質、生き甲斐など)を高めていけます。
リハビリテーションは、医師、リハビリテーションスタッフ等が対応すると思われていませんか?
医療施設の方々だけでは不十分で、患者さんを親身になって支えようとするご家族、
地域社会の皆様方の連携した働きで、日常生活の向上、更にはQOLが向上されます。
私ども、県南病院のリハビリテーションは、個々の患者さんに細やかな手作りの対応から、
ご家族の参加及び協力で、ステップアップした健康状態を目指し努めて参ります。

当院のリハビリテーションの専門職種としては、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が在籍しています。

理学療法士とは…
身体に障害のある患者様に対して、主に起きる、立つ、歩くといった基本的な動作の獲得を行っていきます。
患者様の問題点(ウィークポイント)に対して集中的に治療を行うことで基本的な動作の獲得を図ります。

作業療法士とは…
作業療法とは、作業活動を手段として主に日常生活動作(更衣・整容・排泄・入浴など)や家事全般の動作などの獲得を目指していくリハビリのことです。
また、“こころ”と“からだ”のリハビリを行いながら、対象者の望む暮らしを共に目指し、QOL(人生の質)を高めるお手伝いをします。

言語聴覚士とは…
嚥下障害・高次脳機能障害・失語症などを持った方に対して嚥下訓練、高次機能訓練、言語訓練等といった治療を行っていきます。
当院のリハビリテーション科では、これら3職種がそれぞれ専門的な立場から患者様の支援をしております。

当院のリハビリテーション

入院(急性期・回復期)リハビリテーション、外来リハビリテーション、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションがあります。

リハビリテーション室

回復期リハビリテーション病棟は2012年10月より実施しております。

当院リハビリテーション科の施設基準
脳血管リハビリテーション(Ⅰ)
運動器リハビリテーション(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
を取得しております。

リハビリテーション科の体制

今年度はリハビリテーションのサービスの向上に取り組むために、療法士を29名(理学療法士15名、作業療法士8名、言語聴覚士6名)増員しました。
また、2012年7月より居宅事業所並びに訪問リハビリテーションを開始となり、入院から退院後まで当院での包括的なリハビリテーションを御提供することが可能となりました。

 

 

当院リハビリテーション科のモットー

モットー①「全ては患者様とその家族のために…」
リハビリテーションが必要になる大半の方は、病気や怪我を負った方や、体力が落ちたり、痛みが出たりと変化があった方、もしくはその変化を予防しようとする方です。
それらの変化により、本人はもちろん、ご家族まで様々な心配をすることだと思います。
私たちはその心配を出来る限り軽減するよう、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士で協力し合い、ベストを尽くします。

モットー②「患者様とその家族が納得・満足するリハビリを…」
心配の一つとして、「良くなるのか?予防できるのか?」といったこともあると思います。
私たちは、患者様の状態を知るための検査・評価をしっかり行い、患者様やご家族の目標を聞き、状態・目標に応じて最善・最適の治療方法を選択し提供するよう心掛けています。
また、治療方法のなかには科学的根拠のない(科学的根拠の低い)ものもあり、様々なリハビリ施設でそのような治療方法も提供されているのも現状です。
そのようななか、私たちは、科学的根拠のない(科学的根拠の低い)治療方法の提供はせず、科学的根拠が高いとされている治療方法の中から、患者様の状態・目標に合うものを選択し、提供しています。
常に科学的根拠の高い治療方法を提供するため、私たちは多くの学会・研修会に参加するとともに、リハビリ科内での勉強会も実施し、知識・技術を高めています。

モットー③「あくまで主役は患者様とその家族」
リハビリは患者様とその家族の生活・人生に大きく影響を与えるものですが、その生活・人生の主役はあくまで患者様とその家族です。
私たちは、患者様とその家族とよく話し合い、思い描く生活・人生プランの一助となるよう努力いたします。
たとえば、自宅へ伺い住宅改修のアドバイスをしたり、退院後の生活の維持をするために在宅や通院でのリハビリを行うなど、出来る限りの要望にお応えしようと努力いたします。
これらが当リハビリテーション科のモットーです。
・スタッフ数 理学療法士15名 作業療法士8名 言語聴覚士6名の合計29名でリハビリテーションを提供致します。
・大学院を修了したスタッフ、複数の大学で外部講師をしているスタッフも所属しています。
・様々な学会や研修会に参加するとともに、学会発表も毎年行っており、優秀者と表彰されたものも複数人、座長の経験者も所属しています。昨年度の実績としては学会発表をリハビリテーション科内で合計7名実施しております
・一定の水準を満たした技術・サービスの提供をするためスタッフ教育に力を入れています。

スタッフ教育の内容
① 新入スタッフは2~3か月に及ぶマンツーマン指導を実施。
② 教育として有効性が高いとされているOJT(On Job Training)を中心とした臨床教育を採用。
③ 各種勉強会(治療検討会、技術勉強会など)を毎週実施。
④ 学術的な知識の向上を目的とした研究班としての活動

学会発表・教育等の実績・スタッフ数

当院リハビリテーション科は、患者・その家族に質の高いサービスを提供するために、積極的に学会発表や教育などを行い、日々、研鑚しています。また、専門職の増員を図り、様々な要望にお応えするべく、多くのリハビリを提供しています。

当院リハビリテーション科の学会発表・教育等の実績

2014年度

学会発表等
・世界作業療法士学会(WFOT) ポスター発表 1件 決定
・日本リハビリテーション医学会 ポスター発表 1件 決定
教育等
・臨床実習 20件 以上を予定
・大学 非常勤外部講師 2件 以上を予定
地域活動等
・地域住民向けの講演等を実施予定
・外部講師を招き、他施設も含めたリハビリ従事者向け研修会を実施予定

2013年度

論文等
・研究会雑誌「脳科学とリハビリテーション」に2件掲載
学会発表等
・茨城県理学療法士学会 ポスター発表 1件
・茨城県作業療法士学会 口述発表 3件
・脳機能とリハビリテーション研究会学術集会 口述発表 2件 ポスター発表 2件
教育等
・臨床実習 29件
・大学 非常勤外部講師 4件
・大学 学外研究員 2件
地域活動等
・2013年11月~茨城県指定地域リハ・ステーションとなる。
・土浦医師会主催 市民健康フォーラム2013 「ロコモ予防体操」に協力
・地域住民向け 「ロコモティブ症候群」 講演・予防体操指導を実施
・外部講師を招き、他施設も含めたリハビリ従事者向け研修会を実施

2012年度

学会発表等
・茨城県理学療法士学会 口述発表 2件
・茨城県作業療法士学会 ポスター発表 2件
・脳機能とリハビリテーション研究会学術集会 口述発表 2件 ポスター発表 2件
教育等
・臨床実習 24件 
・大学 非常勤外部講師 2件 
・大学 学外研究員 1件 

2011年度

学会発表等
・日本理学療法士学会 ポスター発表 1件
・茨城県理学療法士学会 口述発表 1件  ポスター発表 1件
・茨城県作業療法士学会 ポスター発表 4件(優秀賞1件)
・茨城県理学療法士学会 神経系理学療法領域 座長
教育等
・臨床実習 22件
・大学 非常勤外部講師 3件

2010年度

学会発表等
・関東甲信越ブロック理学療法士学会 口述発表 1件
・茨城県理学療法士学会 ポスター発表 2件
・茨城県作業療法士学会 ポスター発表 4件(優秀賞2件)
教育等
・臨床実習 16件
・大学 非常勤外部講師 2件

2009年度

学会発表等
・日本臨床神経生理学会 口述発表 1件
・茨城県作業療法士学会 ポスター発表 3件
教育等
・臨床実習 10件
・大学 非常勤外部講師 1件

当院リハビリテーション科 スタッフ数  単位(人)

PT OT ST 事務 合計
2008年度 4 2 0 0 6
2009年度 5 3 0 0 8
2010年度 6 4 2 0 12
2011年度 8 4 3 1 16
2012年度 9 5 4 1 19
2013年度 11 5 6 1 23
2014年度 15 8 6 1 30

単位:人

入院(急性期)のリハビリテーション

・出来る限り早期のリハビリ介入が予後に大きく影響すると言われているなか、当院では医学的管理のもとに、早い患者様で入院(発症)翌日より病室にてリハビリテーションを実施いたします。集...

続きを読む

外来のリハビリテーション

・当院退院後に利用される方、当院外来受診し利用される方、他院退院後に利用される方、リハビリテーションを希望し初回利用される方など様々。・患者様それぞれの症状やお悩みに合わせ、理学...

続きを読む

通所リハビリテーション

【デイケアとは】 自立(自律)した生活を取り戻し、安定した生活を維持するために、介護保険を使ってリハビリを行う機関です。 運動のほかにも、入浴や移動などの援助を受ける事...

続きを読む

訪問リハビリテーション

病気やけが、老化などにより心身に何らかの障害を持った患者さまのうち、外出が困難な患者様に対して、リハビリスタッフがご自宅に訪問し、機能訓練、日常生活訓練、住環境整備、専門的な助言や...

続きを読む

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーションとは 脳血管障害や骨折の手術などのため急性期で治療を受けて、病状が安定し始めた発症から1~2ヶ月後の状態を回復期といいます。 この時期に社会復帰のために...

続きを読む

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所とは 病気や障害により介護を必要としている方で、介護認定を受けている方が、自宅で自分らしく安全に生活が送れるように、介護支援専門員(ケアマネージャー)が様々なサ...

続きを読む

茨城県指定地域リハ・ステーション

茨城県指定地域リハ・ステーション 茨城県より「茨城県指定地域リハ・ステーション」の指定を受けました。 茨城県指定地域リハ・ステーションは、茨城県から指定を受け、障害のある人や高...

続きを読む

お気軽にお問い合わせください。029-841-1148月曜〜土曜
9時00分~12時00分, 13時30分~17時30分

お問い合わせ