【デイケアとは】

自立(自律)した生活を取り戻し、安定した生活を維持するために、介護保険を使ってリハビリを行う機関です。

運動のほかにも、入浴や移動などの援助を受ける事が出来ます。

支援のある中で、日中を安全に活動的に過ごし、ご利用者様がそれぞれの生活課題を解決できるよう、ケアマネジャーやご家族様、その他のサービス事業所などと協力しながら支援していきます。

※詳しい案内や当院デイケアの様子は下記(PDFファイル・全3頁)よりご参照ください。

県南病院デイケアHP用資料

1日の流れは以下をご参照ください。

 

1日の流れ

ご来所  9:30

○専属ドライバーと介護士による安心・安全な送迎サービスを心がけています。

※送迎時間は要介護の方の場合です。要支援の方の場合は時間が異なります。

 

健康チェック  9:30~

○1日を楽しく過ごしていくために、血圧、体温を測定し、皆様の健康管理を行います。

○体調やお薬に関して、心配事やお気づきの点がありましたら、看護師にご相談ください。

※感染症対策のため、発熱や咳がある、などの場合はお休みして頂いています。

ご自宅、送迎車への乗り込み時にも、体温測定を行っております。

※ご利用時は、お食事と入浴時以外は、マスク着用、こまめな手指消毒をお願いしております。

入浴  9:40~12:00

○個々の身体機能に合わせた入浴ができます。必要応じ、理学療法士などが入浴動作の評価や指導を行います。

○毎月、温泉の日があり、温泉気分を味わえます。

○リハビリを兼ねて、必要な見守りやお手伝いは行いながら、動ける範囲で、ご自身でお着替えや洗体を行って頂いています。

 

 

リハビリテーション  9:40~14:00

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の支援、指導の下、様々な練習を行います。

※ケアプランや心身の状態により一人一人のメニューや練習時間は異なります。

○集団体操(1回あたり20~30分程度)や、集団での認知機能訓練、自主トレーニングの支援を行います。

○リハビリの一貫として、介護士と療法士が協力して、デイルームでの活動を提供しています。

 (例:脳トレプリントや創作活動、手芸、パズルや将棋などのゲーム、歩行練習を兼ねたトイレなどへの移動など。)

○理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が必要に応じてご自宅まで伺い、動作確認や介助指導、環境調整を行う事もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食・口腔ケア  12:00~13:00

 ○管理栄養士の指導のもと、バランスの取れたお食事を提供致します。

○キザミ食、一口大、お粥、トロミ付きなど、食形態の調整が行えます。

○滑り止め付きの食器や柄の太いスプーンなどのご準備もあります。

○咀嚼や飲み込み機能の評価、麻痺側の使い方の指導、食器や姿勢の調整などに、言語聴覚士等が介入することもあります。

○お食事後は洗面台で歯磨きを行います。立って行える方は、介護士見守りの下、立位で行って頂いております。

レクリエーション  14:00~

○毎日、様々なレクリエーションを楽しみながら行います。

○レクリエーションを通して、身体や頭を動かすことや、他のご利用者様との交流を行うことも、

リハビリの一貫ととらえています。

※感染症対策のため、現在はマスク着用、テーブルへのアクリル板の設置、カラオケ中止、など

配慮をしながらレクリエーションを提供しています。

おやつ  14:30~

 

 

 

 

 

○談笑しながらバリエーション豊かなおやつを楽しめます。

○レクリエーションとして、季節ごとのおやつ作りを楽しむこともあります。

帰りの体操 14:50~

○ラジオ体操やTV体操などを行い、身体を動かします。

ご帰宅  15:30~

○1日の様子をデイケア手帳に記載し、ご家族様にお伝えします。

○歩行や段差昇降の練習を兼ねて、スタッフが付き添いながら移動される方もいます。

○専属ドライバーと介護士(必要に応じ理学療法士等が同行)が、ご自宅まで安全にお送りします。

※送迎時間は要介護の方の場合です。要支援の方の場合は時間が異なります。

 

 

 

行事

○感染症対策をしながら行える活動を考え、ご利用者様に楽しんで頂けるように工夫して、企画、運営をしています。

書初め、豆まき、映画鑑賞、お楽しみ会(スタッフによるダンスなど)、運動会、クリスマス会、など。

○過去には遠足や夏祭りを行ったり、ボランティア団体やセブンイレブンの移動販売を招いたりもしていました。