回復期リハビリテーションとは

脳血管障害や骨折の手術などのため急性期で治療を受けて、病状が安定し始めた発症から1~2ヶ月後の状態を回復期といいます。
この時期に社会復帰のために専門的かつ集中的なリハビリテーションを行なうことで失われた能力を再び獲得するための病棟を回復期リハビリテーション病棟と言います。
各患者様のリハビリテーションプログラムに基づき、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士等が包括的なリハビリテーションを提供いたします。

回復期リハビリテーションを要する患者 入院までの日数 算定上限日数
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャントの術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷を含む多部位への外傷 2ヶ月以内 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日

・回復期リハビリテーション病棟専従(専門)のリハビリテーションスタッフによる積極的・集中的リハビリテーションと、医師・看護師などとの包括的チームアプローチを提供します。
・休日も理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるリハビリテーションを提供しています。
・リハビリテーションを医師・看護師などと共同して提供するため、病棟スタッフ参加の勉強会などを定期的に実施しています。

回復期リハビリテーション病棟実績

平成25
2月

3月 4月   5月
入床 前月継続 20 19 16 17
新規 8 10 9 7
28 29 25 24
退院先 自宅 5 6 7 6
介護老人福祉施設 0 1 0 0
その他施設 0 1 0 1
5 8 7 7
介護老人保健施設 2 3 1 2
転院 1 2 0 2
3 5 1 4
全体合計(在宅復帰率) 8(62.5%) 13(61.5%) 8(87.5%) 11(63.6%)
性別 13 13 13 12
15 16 12 12
疾患別 脳血管疾患 19 19 16 19
脊椎・脊髄疾患 5 5 9 5
その他 4 4 0 0
回復期入床~退院までの平均日数 67 63 39 65

回復期リハビリテーション病棟Ⅱ 51床

転院相談について

①診療情報提供書
②ADLの分かるもの(所定の様式はございません)
③基本情報(家族構成、自宅退院の条件、社会資源利用の有無など)

定期的な判定会議は設けておりません。
随時検討でき次第お返事させていただいております。

医療福祉相談室 ソーシャルワーカー宛にご連絡ください。
TEL:029-841-1148(代)
FAX:029-841-0818