はじめに

最近の医療技術は目覚しく進歩しています。それに伴って薬物療法は非常に複雑・高度化し、薬剤師の役割は益々重要視されるようになってきました。
その様な社会のニーズに応えて院内薬局では、安全で質の高い医療の提供を目標に日々努力を重ねています。

業務内容

服薬指導
薬は、用法・用量を守ってきちんと飲んでこそ効果が現れます。
しかし、中にはとても飲みづらい薬もあり、毎日飲み続けることが困難なこともあると思います。
なぜ、この薬を飲まなければいけないのか・・・その理由がわかれば、もっと前向きに薬物療法に取り組めるはずです。
薬物療法を効果的に行っていく手助けをする為に、薬剤師が直接ベットサイドに伺ってお話しをお聞きします。
また、入院時にこれまで飲んでいたお薬をお預かりし、病状に合わせ医師の指示で継続しています。
その後持参薬が切れた場合は、当院から処方しています。

病棟業務
安全で効果的な薬物療法を行っていく為に、毎朝病棟カンファレンスに出席し、ドクターの回診に同行しています。
そうすることにより薬剤師の視点から、副作用の早期発見やより的確な処方の提案をすることが出来ます。

調剤業務
入院患者様の内服薬・外用薬等の調剤を行っています。
また、注射薬のセット組みも行っています。

DI業務
インターネットや医薬品製造業者からのインフォメーション等により、薬に関する様々な最新の情報を入手しています。
また、問い合わせがあった場合や、重篤な副作用等の情報を得た場合、医師や看護師その他関係部署に速やかに情報伝達しています。