医療費の負担軽減する制度にはその対象により以下のような様々な制度が用意されております。
個々の状況に応じた医療費助成制度をご活用ください。

▼限度額摘要申請書書式と記入例はこちらからダウンロードいただけます。▼

限度額適応認定申請書(全国健康保険協会)

限度額適用認定書記入例(全国健康保険協会)

▼各種助成金制度の詳細はこちらから▼

高額療養費制度

医療費の自己負担額が暦月(同一月以内)で一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。但し、保険外併用療養費の差額部分や入院時食事療養費、入院時生...

続きを読む

高額療養費貸付制度

限度額適用認定証の交付が受けられない方、または既に病院から入院費の請求をされている方はこの制度が利用できます。市町村国保に加入者の場合、高額療養費に当たる金額(自己負担限度額)の...

続きを読む

医療福祉費支給制度(マル福)

医療福祉費支給制度(マル福)とは、小児・妊産婦・ひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)・重度心身障害者などの医療福祉受給対象者の方が、必要とする医療を容易に受けられるよう、医療保険で病...

続きを読む

特定疾患治療研究事業の医療費助成

原因が不明であって治療方法が確立していないいわゆる難病のうち、特定の疾患については、特定疾患治療研究事業として医療の確立・普及を図るとともに、患者さんの経済負担の軽減を図ることを目...

続きを読む

自立支援医療費(精神通院)制度

平成18年4月1日から施行された障害者自立支援法第52条から75条「自立支援医療費等の支給」により規定されており、精神疾患の治療のために医療機関へ通院する場合、医療費の9割を医療保...

続きを読む

お気軽にお問い合わせください。029-841-1148月曜〜土曜
9時00分~12時00分, 13時30分~17時30分

お問い合わせ